2020年 04月 01日

〜家でも出来る簡単なストレッチで柔軟性をつけましょう〜

みなさま、こんにちはベストハンズ下北院の櫻井です。

外出が減ってきて運動不足を感じています(´Д` )

ストレッチは簡単なものを毎朝起きたらやっています( ^ω^ )

理由は筋肉の柔軟性を保つ為です!!

とか言えたらいいですが

気持ちいいからやっていますw

 

夜は筋トレをするのですが筋量を増やす目的ではなく

気持ちいいからやっています。

血が巡り出す感覚がわかると

気持ちいいのですが・・・これは自分だけでしょうか??w

心地よいくらいで行うと継続しやすく

「塵も積もれば山となる」のように柔軟性が付いてきました。

習慣化すると簡単にできます。

ストレッチをする時間を作るというよりは

寝る前のゴロゴロを寝ながらでもいいからストレッチに変えたり

テレビ観ながら前屈してみたりでも良いと思っております。

1分くらいのストレッチを最初は5個

自分のペースで筋肉を伸ばして硬くなるのを予防しましょう。

ちなみにストレッチと聞いてみなさんは

どんなストレッチを思い浮かべるでしょうか??
僕は開脚のイメージが強く開脚および股関節のストレッチを
よくします。

理由の一つですが・・・

股関節周りって筋肉がたくさん集まっています。

動きやすい関節というのは皆さんわかると思いますが
股関節を構成している周辺の筋肉ってわかりますでしょうか??

大腿直筋(大腿四頭筋)・腸腰筋群・内転筋群・臀筋群・大腿方形筋・縫工筋・梨状筋など・・・

急に専門的になり混乱しちゃいそうですが

簡単にいうと腰や脚を動かすのに重要な場所です!!

「股関節が硬いんだよねー」っいう方が増えましたが
動く関節の可動域が狭まってきているという事です。

股関節と一つでくくっていますが

たくさんの筋肉の柔軟性がなくなっているという事なんです。

デスクワークの方だと座りっぱなしで股関節周りがガチガチ

階段の上り下りをしなくなる事で今まで使っていた筋肉の低下

この二つだけでも腰痛の恐れがあるので

ストレッチはオススメ!!いや必須なのです!!

股関節でお話ししますと

動かさない

柔軟性の低下

可動域の減少

血行不良、筋量低下

バランスや姿勢が悪くなります。

お尻が垂れ・下腹がポッコリ出ます。

つまずきやすくなります。

痛みになる場合も

腸腰筋なんかは腰のS字キープの役目があるので
動かさない事で腰が丸くなり歩いている時や物を持つ動きの時に
衝撃が直にきてしまい痛みを起こす方も・・・

とそんな症状にならないように日々のケアは
大事になります。

まずは10分、ながらで良いのでストレッチや運動を
始めてはいかがでしょうか??

僕も最初は10分ながらでやってきて
今はずっと継続できています。
心地が良いので時間を取るのも苦じゃないです。

今「免疫力を上げる」というキーワードが流行っていますが
僕は免疫機能が働くように各部位の機能をよくする事をオススメしています。

☆*:.。.ワンポイントアドバイス.。.:* ☆

整体も是非とも受けてみてください。
施術を受けると他動的な運動なので柔軟性も血の流れも良くなりますし
歪みが良い方向に改善されれば歪みからくる圧迫やスムーズに体液が流れない
筋肉が引っ張り歪みが産まれる 等の予防、改善が期待できます。

medical【整体 &トリートメント】

      best hands 下北沢院  櫻井

#ヘッドスパ #ダイエット#痩身#引き締め#シェイプアップ#ウエストダウン#サイズダウン#バルクアップ#バスト#バストアップ#美尻#美脚#腹筋#マンツーマン#成城学園#仙川#経堂#世田谷#下北沢#岡本#成城#ボディメイクサロン#パーソナルトレーニング#パーソナルジム#プライベート#完全個室#小顔#リンパ#肩こり#マッサージ#姿勢#姿勢改善#疲れ#疲労#筋膜#筋膜リリース#筋膜マッサージ#リリース#体脂肪燃焼#産後#ブライダル#柔軟性向上#安眠#体験#トレーニング#ワークアウト#ストレッチ#むくみ#浮腫み#冷え性# たるみ#代謝#内臓脂肪#皮下脂肪#カウンセリング#相談#食事指導#食事サポート#ボディメイクコンサルタント#モデル御用達#モデル所属#フィットネスモデル#メディア掲載 #夏#水着#海